ホーム 会社案内 オーナー紹介 知ってお得な情報 リフォーム 新築 リンク 掲示板

木は節があってあたりまえ

木は節があってあたりまえ

節は枝の痕跡です。枝が生きたまま、包み込まれたのが生節(いきぶし)です。枯れてから包み込まれたのが、死節(しにぶし)です。死節は幹とつながっていないため、抜けてしまうこともあり、その場合は木片を詰めて、補修をします。

全く節の無い材は「無節」といい、最高級品として珍重され、小さな生節が少しある材は「上小節」といい、上等されますが、節があっても強度が劣るわけではありません。誰もが木に枝があるのは当たり前と知っているのに、材木になると、無節に価値を求めるのはちょっとおかしいとは思いませんか?

「1等材」といわれる節のある安価な木材を、節も味わいと考えて、使ってみる事をお勧めします。

お得な情報ここで前後できます次へ

知ってお得な情報のトップへ戻る

[サイトマップ] -- ホーム知ってお得な情報情報  | RSS 2.0 (RSSの使い方)
お客様の声 紹介された記事 ちょっと聞けない大工さん日記別ウインドで表示
優良住宅瑕疵保証 家のデザイン・設計 営業内容 アクセス地図別ウインドで表示

[ホーム] [会社案内] [オーナー紹介] [お得な情報] [リフォーム] [新築] [リンク] [掲示板]

このページはリンクフリーです、雑誌等の掲載もOKです、ご一報頂けると
嬉しいです!リンク用のアイコン(バナー)もご用意してあります!
i-mode用ホームページ:http://www.miyauchi-home.co.jp/i/別ウインドで表示 URLを携帯へ送る
Since June 15. 2000 Miyauchi-home Inc. All rights reserved.